blog

化け物トロール(トロル)の存在

みなさん、前に、知財の世界にトロールがいると、
指摘させていただいたように思います。
(知財業界のトロール)

これらのトロールがどのように知財の業界で、
暗躍しているかというと、
有名な店や、有名になった言葉などを取得して、
相手に買わせるなどの手法が有ったりします。
(「PAPP」や、「そだねー」などが典型だったりします。)

また、商標だけではなく特許の世界でも、
ただ同然で、倒産企業や個人からたくさんの特許を買ってきて、

それに関係する各会社に特許権侵害だと言って、
お金を出させるなどがあります。

その中には、おそらく、戦えば勝てるものもあると思いますが、
そのコストや、負けた時のダメージなどを考えて、
支払う例が多いと聞いています。

正直、このような場合には、
どうすればいいのかなかなかに難しいです。

正式に商標や特許を持っている相手なので、
完全に無視するわけにはいか無いからです。

個別にきっちりと対応していくしかないのです。
ただ、商標に関しては、先に出願しておくということで、
かなりの部分防御可能です。
しかしながら、それさえもしていない会社が多いので、
しつこいとは思いますが、再度情報提供させていただいております。

―― 読者の皆さんへ知財の専門家としてアドバイス ――

商標だけは、かなり有効な防御ができますので、
やっておいて、損はないです。

出遅れたことによって、何倍もの費用と、
長い時間が無駄になりません。

CONTACT





お名前*

メールアドレス*

電話番号

件名

メッセージ本文

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
お名前とメールアドレスは必須項目*です。

コメントを残す

*