訴訟

 代表弁理士は、ロースクールを卒業し法務博士を有しております。

 さらに、弁理士としては少数の人間しか有していない特定訴訟代理権について付記登記をしており、弁護士と共同して代理人として対応可能です。