拒絶対応

(1)審査官目線での拒絶対応

 代表弁理士が元審査官なので、審査官の心理をついた補正書案、意見書案を策定可能です。これによって、広い権利範囲を高い特許率で取ることも可能になります。

 また、一般的な事務所であれば、権利化を諦めるような難しい案件においても、審査官の立場から検証を行い、権利化を目指すことが可能です。

(2)訴訟に強い拒絶対応

  代表弁理士がロースクール出身かつ訴訟代理も可能な特定侵害訴訟付記弁理士なので、訴訟の際に不要な揚げ足(包袋禁反言)を取られない対応が可能です。

(3)無効審判に強い中間対応

  代表弁理士は2年間に2度の無効審判を争っており経験豊富です。また、元特許庁審査官の経験によって、審判官に理解を得られる各種書類を作成可能です。

(4)出願戦略に基づく中間対応

  弊社に出願を依頼することによって、出願全体を把握して個別の出願を御社の特許戦略に合致した補正を行い、より必要とされる権利取得を目指すことも可能です。

  また、弊社が御社の特許戦略を策定することも可能となります。